この記事では、アイマスミリオンライブに登場するロコ(中村温姫)の声優情報やプロフィール(誕生日/身長/年齢/本名)をはじめとして、楽曲一覧やかわいい画像なども紹介していきたいと思います。

ロコはアーティスティックでアートのエバンジェリストになりたい15歳!ロコという名前はアーティストネームで、ふわふわとしたツインテールに大きなヘッドホンをした格好が特徴です。

創作活動が好きでアーティストを目指しているロコ。現代アートを作ったり、ファッションもロコの好みにロコナイズ(ロコ風にアレンジすること)したりと、何かを作ることに関して積極的に行動します。ロコが765プロに来たのも創作活動で世界観を広げるために、共同作業がしたいという理由でプロデューサーを得るために来たのだとか。

またまるでルー語のような横文字を駆使して喋る話し方も特徴。聴いているこちらも何を喋っているかわからない時が多々ありますが、本人もわからない時があるらしく、辞書で単語を調べたりと少々お茶目な一面を持っています(笑)

そんなアーティスティックな15歳、ロコについて紹介していきます!

スポンサーリンク

ロコのプロフィールについて紹介!

声優 中村温姫
年齢 15歳
身長 154cm
体重 42kg
3サイズ 78cm/57cm/77cm
誕生日 3月1日(魚座)
血液型 AB型
利き手 右利き
趣味 物を作ること
特技 目を閉じて歩ける
好きなもの ハト

アーティスティックでアクティビティーな15歳のアイドル。

ふわふわとしたツインテールがトレードマーク。またいつも首に大きなヘッドホンをかけているのも特徴。いつも欠かさずつけているヘッドホンはロコにとって大事なものらしいのですが…いつかその理由を話してくれるときが来るのでしょうか。

趣味にある通り「物を作ること」が好きで生きがいとなっているロコ。自ら衣装を作ったり事務所でアートを作ったりとその創作活動は多岐に渡っています。しかし事務所の入り口やロケのセットでもお構いなしにロコナイズしようとするので問題を起こすこともしばしば…

また横文字言葉を頻繁に使って会話するのも特徴のひとつ。ロコいわく「アーティストだからこういう喋り方になるのは仕方ない」らしいのですが、ロコ自身も時々辞書を使って検索するなど意味をわかっていない単語もある様子(笑)

そんな独特な個性と喋り方をするロコですが、そのキャラクター故か周りから浮いてしまうことが少なくないため、ロコ自身もそのことを気にかけるそぶりを見せることも。普段は自身満々でアートを作成するロコですが、時々プロデューサーに助けを求めるときは、15歳の歳相応の少女の顔を覗かせる時もあります。

そんな独特な感性とナイーブな一面を覗かせるロコに今後も注目です。

ロコの本名は?

曲やカード名の表記などいつもは「ロコ」と表記されていますが、当然ロコ自身は日本人であり「ロコ」という表記はアーティストネームとして用いられているのだとか。

彼女自身の本名は「伴田路子(はんだろこ)」。ミリオンライブゲーム内のロコの自己紹介ページを開くと名前の欄にロコではなく伴田路子と書いてあることから公式で公認されている名前です。

他のアイドルも基本ロコやロコちゃんと読んでいますが中には例外がいて、真壁瑞希は「伴田さん」。四条貴音に至っては「伴田路子(はんだみちこ)」とフルネームどころか下の読み方を間違える有様(笑)。その度に「路子じゃありません!ロコです!」と修正するのが半ばお約束となりつつあります(笑)

ロコのかわいい画像を紹介!

IMPRESSION→ ロコ

ロコのソロ曲「IMPRESSION→LOCOMOTION!」のタイトルが名づけられたカード。

ロコによってロコナイズされた衣装を着たロコがかわいい一枚です。

ロコズ単語帳 ロコ

ゲーム内の「アイドル受験クイズ」ガシャで登場した一枚。

ロコナイズと書かれた単語帳を持った制服姿のロコがかわいい一枚です。

ロコを演じる声優さんは中村温姫さん!

引用元:EARLY WING公式HP

出身地 埼玉県
誕生日 6月15日
事務所 EARLY WING
愛称 あつひめ
主な出演作 「白猫プロジェクト」イルマ役など

そんなロコを演じる声優さんは中村温姫(なかむらあつき)さん。

愛称は「あつひめ」。養成所を経て2011年に現事務所であるEARLY WINGに準所属。その後2016年に正所属になりゲームやアニメなど様々な作品に出演するなどご活躍されています。

あつひめさん自身プロ野球が大好きで、中でも読売ジャイアンツの大ファン!球場にもユニフォームを着て応援に駆け付けるほどの熱烈なファンで、その熱はご自身のツイッターでジャイアンツの試合の実況をする程(笑)

ミリオンライブのリリースイベントで阪神タイガースの大ファンである横山奈緒役の渡部優衣さんと共演した際は、「(道頓堀に飛び込むのって)何年前にやったんですか?」と煽りを連発(笑)。以降渡部さんがパーソナリティのラジオ「文化放送ホームランラジオ!」でも中村さんがゲスト出演するなど、熱い野球トークを繰り広げられています。

ミリオンライブでは2016年のミリオンライブ3ndライブ福岡公演にて周年ライブ初登場。トークパートでは「中村ホットプリンセス」としてMCを務めたり、ソロ曲の「STEREOPHONIC ISOTONIC」では披露前に歌詞が飛ぶなどのハプニングもありましたが、それを感じさせないステージを披露。2番の早口パートも難なくこなし初登場とは思えないほど自信のあるステージを披露していました。

スポンサーリンク

ロコの楽曲一覧!おすすめ楽曲を紹介!

楽曲名 アーティスト
IMPRESSION→LOCOMOTION! ロコ
ココロがかえる場所 萩原雪歩、周防桃子、二階堂千鶴、ロコ
STEREOPHONIC ISOTONIC ロコ
STANDING ALIVE 篠宮可憐、四条貴音、島原エレナ、百瀬莉緒、ロコ
fruity love 野々原茜、ロコ
創造は始まりの風を連れて 七尾百合子、箱崎星梨花、天空橋朋花、松田亜利沙、ロコ
ゲキテキ!ムテキ!恋したい! 中谷育、島原エレナ、ロコ
サンリズム・オーケストラ♪ Sunshine Rhythm

IMPRESSION→LOCOMOTION!

ロコの初めてのソロ曲。ポップな曲調に、まさにロコといったロコナイズされた歌詞がふんだんに盛り込まれたロコらしい一曲です。

2017年のミリオンライブ4thライブ武道館公演にてライブ初披露。中村さんいわく「息継ぎができない!」と言っていたこの曲ですが、本番では武道館という大きい舞台を縦横無尽に動きまわり、全身でロコを表現。武道館を歓声で包み込む一曲となりました。

創造は始まりの風を連れて

ゲーム内の投票によって選ばれたアイドル5人によるCD「THE@TER ACTIVITIES 01」に収録されている全体曲。

ファンタジー映画に出演するなら?という投票内容の中でただ一人「村人A」の役柄の一位を独走したロコ。「村人AのAはアーティストのA」とプロデューサー達が結束してロコに投票。その流れはミリオンライブを知らない人にも知られるほど有名になりました。

そんなCDに収録されている「創造は始まりの風を連れて」はファンタジー映画のOPといわんばかりの熱くてかっこいい曲に仕上がっています。CDにはキャスティングされた5人によるドラマパートも収録。村人Aを演じるロコも収録されていますので、気になった方はぜひ購入してみてください。

まとめ

今回はミリオンライブに登場するアイドル「ロコ」について紹介しました。

創作活動が好きで横文字をたくさん使う独特の感性を持ったロコ。他のアイドルは違う一面を持ったロコを見てプロデュース…いや一緒にロコナイズしてみたいと思ったプロデューサーさんも多いのではないでしょうか。

ロコのことを気になった方は、これを機にぜひロコをプロデュースしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

アイマスミリオンライブシアターデイズ全キャラクター&声優一覧!

二階堂千鶴の声優情報や全曲一覧!誕生日・身長とかわいい画像も紹介

オススメ記事