【ミリシタ】通信量を計測!ライブ/リセマラ別に検証しました

今回は、ミリシタ(アイドルマスターミリオンライブ! シアターデイズ)をプレイする上での通信量を計測してみました。
リセマラ…そして、ライブ1回ごとのデータ通信量など、WiFi環境以外でプレイする際の疑問に触れていきます。

ミリシタはアイドル達が3Dモデルでもりもりと動くためプレイしていてとても楽しいゲームですが、その代わりに気になるのが通信量。すぐに通信制限になってしまうのではないかと不安なプロデューサーさんも多いのではないでしょうか。

今回はリセマラやライブなど外でプレイするときの通信量を検証。外でもミリシタが出来るのか紹介していきます。

スポンサーリンク

ミリシタをプレイする際の通信量を計測!

それでは、早速データ通信量を見ていきましょう。
今回検証したのは以下の項目になります。

  • リセマラ時のデータ通信量
  • ライブ1回ごとのデータ通信量
  • お仕事1回ごとのデータ通信量
  • コミュ1回ごとのデータ通信量

リセマラ時のデータ通信量

リセマラはアプリをダウンロードしてからチュートリアルを終えてトップ画面に戻った時までの通信量を計測してみました。

一回のリセマラで約200MBの通信量がかかりました。

Wi-Fi回線以外で何度もリセマラを行うのには少しきつい数値だと思います。


恐らくチュートリアルのライブ終了後に行うデータダウンロードが相当数の通信量を消費するものだと考えられます。

リセマラを行う時は外ではなくWi-Fi環境で行うことを強くおすすめします。

ライブ1回ごとのデータ通信量

ライブを2Dで行った場合の通信量は1.4MBでした。

同じく3D軽量で行った場合の通信量も計測しましたが2.7MBでした。しかし何回も計測しているうちに3D軽量のほうが2Dよりも通信量が少なかったりするケースも存在したりしたので、一概にも2Dのほうがかかる通信量は少ないとはいえないと考えたほうがよさそうです。

お仕事1回ごとのデータ通信量

アプリ起動後お仕事を3回行った際の通信量を検証。合計で2.9MBの通信量がかかりました。2.9MBですがほとんどがアプリ起動時にかかる通信量と考えられますのでお仕事1回でかかる通信量は微々たるものだと考えられます。

コミュ1回ごとのデータ通信量

アプリ起動後1回アイドルのメモリアルコミュをボイスなしで見た場合の通信量は3.5MBでした。ボイスありの場合でも検証しましたがほぼ通信量は変わらずだったので、どちらも同じぐらいの通信量を消費するようです。

検証結果

外出先でスタミナを消費するだけのプレイなら通信量はかからない

今回通信量を計測してみてわかったのは外出先でスタミナを消費するためにミリシタにログインした時にするであろう「劇場でのふれあい」「ライブ」「お仕事」等の行動ではそこまでの通信量はかからなかったということです。

周りのプロデューサーさんを見ていて「すぐに通信制限になった…」という方も多い印象だったので、「お仕事」や「ライブ」で物凄い通信量がかかるイメージを持っていたので、今回検証してみて思ったほどでの通信量ではないなという印象でした。

外出先ではスタミナを消費するだけのプレイで、自宅に帰ってからWi-Fi環境に繋いでじっくりプレイするという方であればそこまで心配せずにミリシタをプレイできるのではないかと思います。

データダウンロード時に多くの通信量がかかる

大幅な通信量がかかるケースは新規のダウンロードが発生するときです。

  • ゲーム内アップデート時
  • 新規楽曲ダウンロード時
  • ガチャ更新時、イベント開始時のデータダウンロード

特に「新しいデータがあるためタイトルに戻ります」が出た場合は大量のデータダウンロードが始まります。通信制限にならないよう気をつけている方はなるべくデータダウンロード時はWi-Fi環境でデータダウンロードを行うことをおすすめします。

まとめ

今回はミリシタ(アイドルマスターミリオンライブ! シアターデイズ)をプレイする上での通信量を計測してみました。

検証してみて外出先でスタミナを消費するぐらいのプレイであればそこまで通信量がかからないことがわかりましたが、外でがっつりプレイするとやはりデータダウンロードがたくさんあり大量の通信量がかかるのは間違いないようです。Wi-Fi環境をお持ちの方は外でプレイする際はデータダウンロードに気をつけてがっつりプレイするのは家に帰ってからするほうがよさそうです。

関連記事

【ミリシタ】スマホバッテリーの電池持ち・消費量を検証!

【ミリシタ】スマホ本体が発熱して熱くなる時の対処法や対策

【ミリシタ】スマホの動作が重い時やカクつく時の対処法・対策

 

関連記事